サボテンの種

memtest86+

永久保証PC用増設メモリー



メーカー別メモリー対応表

memtest86+の使い方

最新版 v5.01(2013.9.27)

memtest86+の最小限の使い方を簡単に解説

※ iswebライトのサービス終了により
http://members.at.infoseek.co.jp/stereo/86plus.html
から、こちらに移転しました。


memtest86+memtest86を元に作成されたメモリチェックソフトです。
最新版では簡単にUSBフラッシュメモリで作成出来るようになりました。
(memtest86の解説は、こちら)



使用までの手順 【USBメモリで作る場合】

(FDD・CDで作る場合はこちら)

【 ダウンロード 】


Memtest86+ - Advanced Memory Diagnostic Tool
上記サイトの** Memtest86+ V5.01 (27/09/2013) **の下
Download - Auto-installer for USB Key (Win 9x/2k/xp/7)
クリックして保存します。
ファイル名はデフォルトで「memtest86+-5.01.usb.installer.zip」です。


【 memtest86+のUSBメモリを作成 】


まず、USBメモリを本体に接続しておきます。
ダウンロードした「memtest86+-5.01.usb.installer.zip」を解凍すると
Memtest86+ USB Installer.exeというファイルが出来ます。
そのMemtest86+ USB Installer.exeをダブルクリックして実行。
セットアップ画面が表示されるのでI Agreeボタンを押します。

次にどのUSBメモリにインストールするか選択する画面になるので、
Select your USB Flash Driveの下のセレクトボタンを押して
該当するドライブ名を選び、Createボタンを押して作成完了です。



【テスト実行】


BIOS設定Boot項目USBメモリ/FD/CDデバイスが
HDDよりも先に読みこまれる
ようにします。
BIOS設定に入るには電源ON後、自作機等はDELキー
メーカー製PCは取説参照(F1・F2キーが多い)
を押しているとBIOS設定に入れます。
(どこかにBootという項目があるはずなので1st BootUSBメモリまたはFD、CDに設定する)

注意点はUSBメモリはBIOS上ではHDDとして認識されることが多いので
その場合は、まずHDDの項目でUSBメモリを探し選択してから
ブート設定をしてください。
PCにUSBメモリ/FD/CDを入れて再起動、または電源を入れる。
しばらく待っているとと表示され、
memtest86+が自動で起動してTESTが始まります。
Cキーを押すとオプションでいろいろ選択することが出来ますが、
今回は最小限の使い方ということで説明は割愛します。
そのまま何もせず待つだけでけっこうです。

まず画面上部にあるメーターですが
Passが全体のテストの進み具合、
Testが個々のテストの進み具合です。

中段右のほうにあるPassが全体のテストのパス回数で
右隣のErrorsがエラーの数です。

エラーが1つでもあればメモリの不良や設定ミス
CPUなどのクロックアップ耐性限界超えなどが考えられます。
要するにまともに動いてない可能性があるということです。
完全に壊れているメモリなら1パスもしないうちにエラーが出ますし
かといって何周目かでエラーを吐くパターンもあります

パス回数を重ねて安心を得るというより、エラーが出たことによって
不具合原因の1つをはっきりさせるという使い方が良いと思います
パス回数を重ねることによってPC自体の負荷(熱など)も上がりますから。

memtest86+は手動で終了しないと延々とテストを繰り返しますので、
ESCキーを押して終了させます。
又はPCの電源をそのまま落としてもOKです。

memtest86+は本来、メモリをテストするものですが、CPUのクロックアップ耐性チェックにも使えます。
SuperPiや3D系のベンチでチェック後、memtest86でもテストしてみることをおすすめします。
耐性を超えていればエラー吐きますので。


◇ All Testについて ◇


Ver1.40以降、All Testというものは、なくなったようです。
Ver1.30までのAll Testに含まれていたBit Fade Testは、Cキーでメニューに入り、
1(Test Selection)を選択した中に4(Select Bit Fade Test)が残ってますのでテストは可能です。

一応、Ver1.30までのAll Testの方法も書いておきます。
Cキーを押してメニューに入る。
2キー(Test Selection)を押す。
4キー(All Tests)を押す。
0キー(Exit)を押す。
これでAll Testがループされる状態になりますが非常に時間がかかります。

以上で解説は終わりです。


特価 - 中古メモリ



使用までの手順【FDで作る場合】


【 ダウンロード 】


Memtest86+ - Advanced Memory Diagnostic Tool
上記サイトの** Memtest86+ V5.01 (27/09/2013)**の下
Download - Pre-Compiled package for Floppy (DOS - Win)
クリックして保存します。
ファイル名はデフォルトで「memtest86+-5.01.floppy.zip」です。


【 memtest86+のFDを作成 】


まず、FDを挿入しておきます。
ダウンロードした「memtest86+-5.01.floppy.zip」を解凍すると
floppyというフォルダの中にいくつかのファイルが出来ます。
その中の1つ「install.bat」をダブルクリックして実行。
コマンドプロンプト窓が開きFDを作成するドライブを聞かれるので入力。
通常は「A」でOKです。(具体的にはAキーを押し、Enterキーを押す)
もう一度確認を求められるのでEnterキーを押す。
これでFDにmemtest86+が書き込まれます。

★テスト実行へ★

使用までの手順【CD-R/RWで作る場合】


【 ダウンロード 】


Memtest86+ - Advanced Memory Diagnostic Tool
上記サイトの** Memtest86+ V5.01 (27/09/2013)**の下
Download - Pre-Compiled Bootable ISO (.zip)
クリックして保存します。
ファイル名はデフォルトで「memtest86+-5.01.iso.zip」です。


【 memtest86+のCDを作成 】


ダウンロードした「memtest86+-5.01.iso.zip」を解凍すると
memtest86+-4.20.isoというファイルが出来ます。
このファイルをiso形式を焼くことの出来るソフトを使ってCD-R/RWに焼いて完了です。

★テスト実行へ★

※isoはイメージファイルですのでmemtest.isoファイル自体をCDにコピーしても使用できません。
焼き方のわからない方は下記の別ページで解説しています。



◇ isoファイルの焼き方へ ◇


Page-Ver2.2








Top / memtest86の使い方 / memtest86+の使い方 / isoファイルの焼き方 / 特価・限定販売 / XR-RW2224

Copyright(C). 1997 - 2018 LightBreeze, All rights reserved.
inserted by FC2 system